もう一度、インフルエンザワクチンは打たないでね

『どうしてインフルエンザワクチンの接種を受けない方がいいと思うのですか?インフルエンザに罹って死んでしまうよりも、ワクチンで予防したり、罹ったとしても重症化せず軽くすむようにできるのならば、その方がずっといいと思います』

そうですね~。もし、インフルエンザワクチンの予防接種を受ければインフルエンザに罹らない、または罹ったとしても軽く済ませることができる、という宣伝文句が本当ならば、受けてもいいかも知れませんね。

問題は、インフルエンザワクチンの効果についての宣伝が事実であるかどうかです。

前にもご紹介しましたが、母里啓子先生の「インフルエンザワクチンは打たないで」を読んでみましょう。

内容を引用します。

1.日本で接種が始まった当初から関係者にはわかっていました。効かないということが。

2.効果がないので1994年には小中学生への集団接種も中止されてしまったほどです。

3.効かないことは厚労省もわかっています。「流行対策がない」との批判を避けたいだけです。

4.インフルエンザ・ワクチンは血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができません。ウイルスはのどや鼻から入るから感染はまったく防げないのです。当然「家族や周囲の人や乳幼児にうつさない」ということも不可能です。

5.インフルエンザ・ワクチンはもともと流行を予測して作られているだけ。そのうえに、インフルエンザ・ウイルスは日々猛スピードで形を変えるので効果は期待できません。

6.インフルエンザ・ワクチンは、製法上、弱い抗体しか作れません。殺したウイルスの、さらにその一部だけを使って作るので、体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできません。

7.高齢者の肺炎や乳幼児の脳症はインフルエンザとは無関係です。「かかっても重症化を防ぐ」も嘘。そのようなデータは全くありません。

8.「打っておいたほうがいい」どころか副作用があるから怖いのです。死亡者も出ています。打たないほうが安全だし安心です。そもそもワクチンは病原菌なのだし薬事法上は劇薬です。接種にはもっと慎重であるべきです。

9.効かないことを知っている医師も多いのですが、患者離れが怖いから言えないのです。

10.インフルエンザ・ワクチンは儲かるからなくならないのです。皆さんも、マスコミやお友達の言うことを真に受けずに、この本で真実を知ってください。

手洗い・うがいはじつはインフルエンザには効果がありません。ウイルスはのどや鼻の粘膜についたとたんに感染してしまうからです。対処法は日頃から健康に気をつけるだけ。

自然にインフルエンザに感染したほうが、ワクチンとは比べ物にならないほどの強い抗体が作られます。多くの人が知らず知らずインフルエンザにかかっているのです。丈夫な体でいれば症状も軽くすみます。

インフルエンザは2,3日寝ていれば自然に治る「かぜの一種」にすぎません。恐ろしい病気ではないのです。

インフルエンザにかかっても熱を下げてはいけません。熱は体がウイルスと闘っている証です。

解熱剤タミフル脳症の原因と疑われています。大人も打つのはやめましょう。

2007年春の若者のはしか流行は、誰もがはしかワクチンを打つようになったせいで起きた皮肉な現象です。はしかのウイルスに接触する機会が減ったので、ワクチンで作られた抗体が強化される機会もなく、弱くなってしまうのです。ワクチンには「絶対」も「安心」もありません......など。

「インフルエンザワクチンは打たないで」は絶版になってしまったので手に入りませんが、同じ母里啓子先生の「インフルエンザワクチンはいらない」は手に入ります。

我が子にインフルエンザの予防接種を受けさせようかな、と考えていらっしゃるのでしたら、事前にぜひ一読をおすすめします。

誰かに言われたから、とか、みんながそうしているから、という判断でだいじょうぶでしょうか?「予防接種を受けさせたい」事情のある人たち、予防接種を受けさせることで何らかの利益のある人たちの言い分を鵜呑みにするのは恐いことだと思います。

同じ事ばかり繰り返していて恐縮ですが、常識は疑ってみる必要があります。「みんながそう言うから」それが正しいでしょうか?なんでもいったんは疑ったり、ほんとうかどうかを確かめたりする手間を惜しまないでください。わたし達は人間を育てているのですから。