スーパーで大泣き

「4歳です。だいたい毎日、一緒にスーパーへ買い物に行きます。行くたびに『これ買って』とお菓子を欲しがります。いつもお菓子を買い与えるのはよくないと思い『今日はダメ』と言うと大泣きです。大泣きして、怒って、カートから落ちそうになるし、恥ずかしいし、お店にも他のお客さんにも迷惑だし、困ってしまいます」

アハハ。
よくありますね、こういうこと。たぶんね、「今日はダメ」って言われても、なんで今日はダメなのか、わからないんじゃないかな?

毎日、お母さんと一緒にスーパーに行くんでしょ?保育園から帰ってきてから?それで、スーパーへ行ったら、何かおやつをひとつ買ってもらえる、ってことになっちゃってるんでしょ?フフフ。子どもにとっては、嬉しい毎日の習慣。

最初から「スーパーへは、ご飯のおかずを買いに行くのであって、おやつを買いに行くんじゃない」ことになってれば、よかったんだよねぇ。きっと、なにかきっかけがあって、そういう習慣になっちゃったんですね。

ちょうどその頃、お腹がすいてる、というのもあるんじゃないかな?何かちょっとおやつを食べてから「これからスーパーへおかずを買いに行くよ。おやつは買わないよ」と説明してみましょうか。

それとね、一度「今日はおやつは買わないよ」って言ったのに、子どもに泣かれて「じゃあいいよ」ってことにしちゃうとね‥‥「お母さんがダメと言っても、気に入らなかったら泣けばいいんだ」ってことになってしまいかねません。そうなっちゃうと、お互いにいろいろと困りますよね‥‥

そういうことになりかけているときは、、毎日スーパーへ行くのをやめる、という手もありますよ。何日分か、計画的にまとめ買いをしておいて、毎日はスーパーへ出掛けない。あんがい、その方が無駄のない買い物が出来たりして一石二鳥。さらには、生協などの宅配を利用する、という手もありますよね。

がんばってください。