布ナプキンの洗濯のコツ

「布ナプキンの洗濯は、浸けおきしておいて洗うのがいいとのことで、セスキ炭酸ソーダを溶かした水に浸けておいて洗っていますが、どうもきれいになりません。布ナプキンの洗濯にコツってありますか?」

布ナプキン、愛用者が増えてるみたいでウレシイです♪

布ナプキンの洗濯ですね、コツありますよ〜。

一般的には、使った布ナプキンは、重曹またはセスキ炭酸ソーダを溶かした水に浸けておいてから、石けんで洗う、というやり方が推奨されているようですね。ところが、体質なのか何なのか、このやり方ではきれいにならない、という人がいます。逆に、落としにくいシミになってしまうことも。

また、何も入れてない水に浸けておいて、その水は植木や畑にやる、というのが普及が始まった初期の頃に推奨されたやり方ですが、これもやっぱり、うまくきれいにすることが難しいことがあります。

ワタシは、炭酸塩入りの洗濯石鹸を少量溶かした水に浸けておいてから洗っています。このやりかただと、体調によっては、もみ洗いしなくてもきれいになるぐらいですよ。炭酸塩じゃなくても、けい酸塩でもいいと思いますが、アルカリ助剤入りの洗濯用粉石けんを小さじ1杯ぐらい、洗面器半分ぐらいの水に溶かして、布ナプキンを浸けておきます。粉石けんの量は、各自試してみて工夫してください。

助剤なしの、いわゆる無添加粉石けんではなくて、必ず炭酸塩またはけい酸塩の入っている粉石けんをさがしてください。無添加粉石けんだと、どうしてかうまくいきません。

助剤入りの粉石けんは、たとえばこれ↓


安心生活 洗濯用粉石けん無香料

あとは、お風呂に入るついででも、洗濯をするついででも、軽くもみ洗いをして、他の洗濯物と一緒に洗えばOKです。

すでにシミになってしまった布ナプキンは、お風呂より熱めのお湯に酸素系漂白剤を入れて、一晩浸けておいてみてください。たいていはそれできれいになります。

パックス 酸素系漂白剤

体調によって、というより、その頃に食べているものによって、苦もなくきれいになることがあり、逆になかなかきれいにすることが出来ないときもあります。ちょっと観察してみると、なにか発見があるかも知れませんよ。

発見があったら、左のコンタクトから、ぜひ教えてくださいね〜。

もっといい方法を知ってるよ!という方も、是非お知らせくださいませ〜!

石けんで洗濯するコツも参考にして下さい。