月経過多でしょうか?

『34歳、未婚です。月経過多かも知れません。前から出血の量が多い方だったと思います。一番出血する日は、30分おきにトイレに行かないと、もれてしまうぐらいです。ここ一年ぐらいですが、血のかたまりが出るようになりました。大きさは、ウズラの玉子ぐらいです。月経過多でしょうか。何か恐い病気かも知れないと心配なんですが、婦人科は敷居が高くてなかなか行く勇気がありません。何か対処方法はありませんか』

月経の出血量って、誰かと較べてみるわけにはいかないし、多いとか少ないとか、よくわかりませんよね。

見た目はレバーのような、月経血の塊が排泄されること自体は、そんなに珍しくありません。小さければ気にならないかもしれませんが、人によっては玉子ぐらいの大きさ、とか、もっと大きいとか。月経のあいだずっと、小さい塊で排泄される人もいるそうです。

洋式便座に座ったときに排泄されると目に触れないので、そもそも自覚がないこともあるでしょう。

わたし自身は、布ナプキンに切り替えたら、出血量が減り、かたまりでの出血もなくなりました。腹痛や腰痛も、ほとんど解消しました。なぜそうなったのかはわかりませんが、わたし以外にも、同じ感想を多くの人から聞いています。もしまだ布ナプキンを試したことがなかったら、試してみると、何か変化があるかも知れませんよ。

デリケートな女性の身体は、とても冷えの影響を受けやすいです。冷えないように気を付けることで、あっけなく解決してしまうこともあるので、「足湯のやり方」も参考にしてください。冷えている自覚がなくても、実は冷えに影響されている、という場合も少なくありません。

もしも、出血量が多いだけではなくて、月経のたびにひどい腹痛や腰痛、頭痛、のぼせ、吐き気などで、日常生活に支障がある、というようなレベルならば、たしかに敷居は高いですが、思い切って専門医を受診されるといいですよ。女医さんもいらっしゃいますし、電話相談、メール相談を受けてくれるところもありますから、利用してください。

その場合も、足湯を習慣にすることで、あなた自身が、ご自分の身体が整うことを手助けすることが出来ますよ。

女性の身体は、ほんとうにデリケートです。月経の状態は、健康状態を知るバロメータの役割をしてくれます。せっかく気になったんですから、そのままにしないで、整えてくださいね。