そらいろのたね

名作「ぐりとぐら」シリーズの、
なかがわりえこさん、おおむらゆりこさんコンビによる傑作。
お二人の絵本は、言葉に気持ちのいいリズムがあります。
だから、読んであげる方も、聞いている方も気持ちがいいんです。
日本語って気持ちいいなぁ、と感じる絵本です。

幼稚園や保育園でも、きっと読んでもらった一冊。

少し前、どこかの銀行が、何かのキャンペーンに、
「びっくりぎょうてんして めをまわした」
きつねがのびている挿し絵を使ってましたね。
何のキャンペーンだったんだろう?

「おーい、このうちは ぼくのうちだからね。
だまってはいらないでよー。
みんな でていっておくれー」
住宅ローンのキャンペーン?

きつねが欲張ったから、ばちがあたっちゃったんだね〜、
とかは抜きで!

そらいろのたね (こどものとも傑作集 (25))
そらいろのたね (こどものとも傑作集 (25))

おおかみペコペコ

「おとうさんはウルトラマン」シリーズ、
「おまえうまそうだな」シリーズの宮西達也の絵本。

お腹がペコペコのおおかみが気の毒でもあり、
にわとりやうさぎやぶたが、
捕まえられて、食べられちゃうのか?
それは恐い‥‥
と思ったら、結局捕まえることが出来ない。
よかった〜、なのか、
おおかみかわいそう〜、なのか‥‥

一度絶版になり、再版された。
この絵本は、一年生から六年生までとってもウケた!
幼児にもウケた。

一緒に楽しめるから、年齢差のあるきょうだいにもオススメ。

おおかみペコペコ
おおかみペコペコ

11ぴきのねこ

まんがチックな絵本です。
だって、作者が漫画家ですもの!
だから、専門家にはウケません。

格調高い絵本ではありませんが、
でも、子どもたちは大好き!
リズムのある言葉と、ほのぼのとした絵の絵本です。

ねこたち、好奇心旺盛で、バイタリティにあふれ、
わがままで勝手で、魅力的です。

この絵本で、絵本好きになった子どもも多いはず。
専門家にウケなくても、
これはいい絵本ですよ〜。

11ぴきのねこ
11ぴきのねこ

はなのあなのはなし

はなのあなのはなしです。

ひとりで読むのはもったいない。

科学絵本ですって!
「かがくのとも傑作集」ですもの。

これ読んであげると、
子どもたち、必ず鏡に向かって駆け出します。

シリーズで、おっぱいのはなし、かさぶたくん、など、
おなじくかがくのとも傑作集、オススメです。

はなのあなのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
はなのあなのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

めっきらもっきらどおんどん

ちょっとだけこわい、おばけのお話。

三人のおばけたち、とてもキュート。
ふりやななさんの、オリジナルおばけなんだけど、
どれもホントにいそうなおばけ!
こんなおばけたちなら、会ってみたい!
と、子どもも思うらしい。

そうそう、
「となりのトトロ」を観て、「あれ?」と思った人も多いはず〜。
この絵本にトトロは出てこないんだけどね。

めっきらもっきらどおんどん (こどものとも傑作集)
めっきらもっきらどおんどん (こどものとも傑作集)

だってだってのおばあさん

ご存知、佐野洋子の傑作。

読み聞かせでウケるのは、
100万回生きたねこより、空飛ぶライオンより、おじさんのかさより、
だってだってのおばあさん。

「おばあさんはとびました。おばあさんはとびました。
5さいのおばあさんは、94ねんぶりにかわをとびこしました」

っていうところで、子どもたちが歓声を上げるのが楽しい。

だってだってのおばあさん (フレーベルのえほん 3)
だってだってのおばあさん (フレーベルのえほん 3)

ひみつのたね

また「たね」ですね。

こんどは、ひみつのたねです。

かばのぽんさんが、
買い物の帰りに拾った風船についていた種を植木鉢に植えたら‥‥
生えてきたのは、冷蔵庫!
そしてその冷蔵庫からは、
ごろろん、ごろんごろん、と‥‥

これも、どの年齢でもウケる絵本。
きょうだい揃ってどうぞ〜!

ひみつのたね
ひみつのたね

くまの子ウーフ

遊ぶの大好き、食べるの大好き、
考えるの大好きなくまの子ウーフ。

ウーフの「どうして?」
を集めた絵本。
どうして?って考えすぎて、恐くなっちゃったり、
心配になっちゃったりするウーフ。

でも大丈夫。
お母さんが抱きしめてくれるから。

「さかなには なぜ したがない
ウーフは おしっこでできているか??
いざというときって どんなとき?‥‥
くま1ぴきぶんは ねずみ百ぴきぶんか」

くまの子ウーフ (くまの子ウーフの童話集)
くまの子ウーフ (くまの子ウーフの童話集)